11月 2018Archive

育乳ブラの悪評と失敗談とは!?


育乳ブラの悪評と失敗談とは!?


育乳ブラをしっかい選んだのに自分に合っていないとなどの悪評が出る場合があるようです。

では実際に育乳を正しく選んだつもりでも失敗する内容とはどういったことなのでしょう。

ここでは育乳をしっかり選んだ後に待ち受けている落とし穴をご紹介致しますので、ご自身も失敗しないように参考にしていただければと思います。

 

1_サイズが合わない

サイズ表を見たのに実際に育乳ブラを着用したら苦しいなどのサイズが合わない場合があるようです。

この問題の原因はサイズを選ぶ際は「アンダーサイズ」「カップ数」から選ぶそうです。

しかし、そのカップ数が合っていなくてサイズが合わなかったようなことがあるようです。

ご自身のカップ数を最後にきちんと測ったのはいつか覚えていますか?

いつも使っているブラからサイズを判断している場合にこのような問題が起きているようなので、ご自身でカップ数を測って見たり、お店で簡単に測れますので、一度確かめてみるのがいいです。

 

2_洗濯できない

購入後に洗濯できない場合があるようです。

そんなことあるの!?って思いますよね。

この原因は生地があまりに繊細であるために、洗濯が手洗い限定の商品があります。

下着はもともと繊細な生地でつくられていることが多いですが、そのなかでももっと繊細な生地で作られていることがあり、その場合は手洗い限定になっていることがあります。

それらを理解しないまま購入してしまうことがありますので、洗濯方法まで確認することが良いです。

 

3_かゆい

育乳ブラのデザインや作り方によっては、体に触れてチクチクしてかゆいってことが起きるようです。

痒くなる原因として、レースが付いている育乳ブラが肌に当たると痒い、縫い方が雑であることや、縫い糸が団子になっていて、そこが体に当たって痒くなるといったことがあるようです。

その他にも通気性が悪いと蒸れて痒くなることがあるようです。

通気性が悪いと寝ている間はたくさん汗を掻くので、通気性が良いものを選んでください。

 

4_普段使えない

いかにも育乳しています!といったデザインも育乳ブラがあります。

これらは好きな彼とのデート中には育乳お休みすることになり継続できませんし、温泉や友達の前で下着になる瞬間ではとてもじゃないけど恥ずかしいです。

人前で見られることがあっても着用していれられるようなデザインの育乳を選ぶようにしましょう。

セットアップがあるものや、カラー展開が豊富育乳ブラはデザイン性が高いことが多いので、着用場面などを想像しながらでも選ぶと尚いいです。

育乳の悪評とは!?


育乳の悪評とは!?


育乳するうえでさまざまな商品やサプリメント、マッサージなどがあります。

それらを使用した人たちが様々な悪評を口コミサイトで記載しているようですが、実際どのような悪評がでているのでしょうか。

 

 

悪評その1

「サプリメントが効かない・・・・。」

サプリメントを飲み続けて1ヶ月になりますが、全く効果を感じられません。

私は騙されたのでしょうか。

飲むのも大変ですしお金もかかってしかたありません。

やっぱり騙されたのでしょうか。

 

悪評その2

「育乳ブラをしても大きくならない・・・・。」

育乳ブラを着用しても全然大きくなりません。

口コミでは多くきなると書いて合ったのにとても残念です。

着用しているのも大変なので着けるのはもうやめました。

 

悪評その3

「マッサージしても効果がない・・・。」

マッサージしても全然大きくなりませんし、胸が垂れそうで心配です。

みんなマッサージで大きくしたとかTVでも胸を大きくするにはマッサージがいいとかで特集していますが、大きくなる気がしませんし、やっても変化が感じられません。

私はいったい何をしているのかだんだんわからなくなってきました。

 

悪評その4

「バストアップマッサージクリームは嘘・・・。」

バストアップマッサージの為に、胸が大きくなるという専用クリームを購入しました。

しかし、使ってもぜんぜん大きくなる気がしませんし、使っていてそもそもどうして大きくなるのか疑問を持つようになりました。

実際クリームを胸に塗るだけで胸が大きくなるなんてうまい話はありませんよね。

残念ですがクリームは以後使うのをやめてしまいました。

 

悪評その5

「筋トレしても意味ない・・・。」

筋肉トレーニングをしたら胸が大きくなったりハリがでるとネットで見て初めて見たのですが、もともと筋肉が付きやすい体質なのか、肩幅ばかり多くなるし、好きな人からガタイが良くなったね。って言われてショックでした。

これじゃぁ女性らしい体っていうより男性っぽい体になっているようで胸とは全然関係ないように思えました。

筋肉トレーニングでよく合唱のポーズとかもありますが、あんなんで筋肉がつくとも思えませんし、なんだかんだやっぱり正しい情報ではないんでしょうか。

 

育乳のリアルな悪評(詳細)はこちら

ふんわりルームブラ悪評まとめ

 


このようにさまざまな悪評が口コミの中で出ているようですが、これらは本当に間違った情報を記載していて、すべてのバストアップ方法は幻か嘘、詐欺など情報なのでしょうか。

これらの悪評に対策方法や、正しい方法がないか調べて見たのですが、それぞれ対策方法があることがわかったのでご紹介いたします。

 

 

対策その1

「バストアップサプリメントに多い失敗」

バストアップサプリメントで失敗している人の共通点として続けられないといった内容が多いようでした。

サプリメント系は基本的に3ヶ月以上飲み続ける話が前提になっているのに、1週間や1ヶ月で効果を期待してしまう人が多いようです。

しかし、サプリメントは薬のようにすぐに効果がでるものではありません。

勘違いしてはいけないのが、サプリメントは一般的に食品という扱いであり、バストアップに良いとされる栄養素を錠剤に置き換えたただの食品なのです。

なので、バストアップを行なっていて、胸がそれらの栄養を欲しないと届きませんし、飲んでも意味がないのです。

胸がすぐにそれらの栄養を欲することはありませんし、長期的に飲むから胸に少しづつ変化がうまれるのです。

 

対策その2

「育乳ブラに多い勘違い」

口コミやSNSでよく着用するだけで3カップも大きくなったなどの記載がありますが、これは胸が大きくなったという意味ではありません。

これは胸の周りのお肉を集める機能があり、集めたお肉が外へ逃げないようにホールドする機能があるので、着用しているときは谷間ができ3カップくらい大きくなったように見せることができますが、胸本来のカップ数が大きくなったわけではありませんので誤解しないように注意してください。

育乳ブラは集めたお肉が胸に定着するようにするだけなので、これもすぐに大きくなるものではありません。

胸にお肉が定着するまでに、毎日お肉を胸に集める努力が必要ですし、定着するまでには半年以上かかる場合があるようです。

それでも少し変わったかなってレベル。

これを1年とか2年行うことで3カップや4カップ大きくなるのです。

1番いいのは実際に胸を大きくした人から正しいアドバイスをもらうことです。

本当に胸を大きくした人を見極めるのも大変ですが、昔の写真がある人や、信頼できる人を1人信じると始めやすいです。

 

対策その3

「間違ったマッサージを続けている人が多い」

バストアップマッサージを行なっているが全然大きくならないという人が多いようですが、まず前提になるのが3ヶ月以上は毎日必ず続けるということです。

バストアップマッサージで大切なのリンパをマッサージして老廃物を流しやすくすること。

血流が良くなると栄養や酸素が運ばれやすくなり、体温も上がるので脂肪も流れやすくなります。

その状態が胸にお肉が集まりやすい状態で、気持ちいマッサージは基本的にあまり効果がないと思っていいでしょう。

胸に効果があるリンパマッサージの位置は、首ものから脇下、肩が効果的とされています。

バストマッサージ動画はネットでたくさん存在しているので人気のある動画や高評価をたくさん得ている動画を信じるようにしてください。

 

対策その4

「マッサージクリームは胸だけに」

バストアップクリームを塗っても効果がないのはクリームを塗り続けられていないことが多いようです。

バストアップクリームは毎日塗ることが前提です。

そしてバストアップクリームには胸に脂肪を定着させる成分が入っていますので、胸以外に塗ることは避けてください。

胸以外に塗ると、胸以外に脂肪が定着しやすくなる恐れがあります。

バストアップクリームがいまいち信じきれない人は、保湿クリームやマッサージオイルなどでもバストアップマッサージはできるので、高いお金をかけてバストアップマッサージを買うことはありません。

何事も信じ切れるものだけを買って、確かな結果を出せる人だけ使えばいいと思います。

その結果が失敗なら次を探せばいいだけなのです。

 

対策その5

「筋トレはガチでやらないこと」

筋肉トレーニングは体の仕組み的には確かに効果的とされています。

胸の大胸筋が大きくなることで胸がプラスして大きくなりますし、胸が大きくなることでハリも出ます。

これは誰が考えても簡単に思いつく内容です。

しかし、これを理解していないでただ筋トレすれば胸が大きくなるんでしょ?といって人任せに筋肉トレーニングをしていては、胸に関係していない筋肉までトレーニングして想像していない体になっても当然の結果です。

胸には筋肉を付けることで、基礎体温が上昇し栄養が運ばれやすくなったり、酸素や女性ホルモンも運ばれやすくなります。

なぜ筋肉量が大きくなることで基礎体温があがるのか、筋肉を動かすにはエネルギーが必要ですが、この筋肉が大きいとよりたくさんのエネルギーを必要とします。

そしてエネルギーはカロリーを消費します。

カロリーは熱量を意味しますので、筋肉を動かすと熱が生まれるのです。

少し脱線しますが、汗を掻くから痩せるのではありません。

汗を掻くほど筋肉が熱を出すからカロリーが消費されているのです。

なので、半身浴で痩せると思わないでください。

半身浴で痩せない?なんで?って思う方はもう一度上の文章を読み直してください。

 


まとめ


基本的に成功者との違いこだいたいこの続けられるか続けられないかだけに絞られます。

口コミで悪評を書く人はだいたい待てない人たちの集まりで、それに共感する人も結果をすぐに求める人たちです。

忘れて欲しくないのが、すぐに結果を出したい人は豊胸すればいいのです。

もし豊胸以外にすぐに結果をだせる方法があるなら、豊胸は世の中から排除されるでしょう。

この2つが時間という壁があることで成り立っているので忘れないでください。

 

胸を大きくするには!?


胸を大きくするポイントをご紹介!


育乳ブラが胸を大きくするのにどのような効果を出すのか、それを知るには胸を大きくする方法を知る必要があります。

では大きくする方法どのような方法があるのかご紹介いたします。

 

1_バストアップマッサージ

胸を大きくするために1番有名なほうほうとしてバストアップマッサージがあります。

胸の周りのお肉をマッサージすることでお肉を柔らかくし、胸に集めやすくします。

その他にもリンパをマッサージすることによって老廃物取り除いたり、栄養を運びやすくする効果が期待できます。

 

2_バストアップマッサージエステ

プロが経営しているバストアップマッサージがあります。

プロが経営しているのでご自身がなぜ胸が大きくならないのか原因を教えてくれたりもするので、本気でバストアップマッサージを考えている人にはかなりおすすめです。

時間もお金もかかりますが、実際にプロの意見を聞けるの1番のバストアップ近道かもしれません。

 

3_バストアップマッサージクリーム

バストアップするのに専用のクリームがあります。

そのクリームを使ってマッサージすることでさらなるバストアップを期待することができます。

しかしバストアップするクリームには脂肪を定着させる成分も入っていますので、胸以外に使ってしまうと、胸に関係ないところまで脂肪が着いてしまいますので注意が必要です。

手に余ってクリームが勿体無いからとお腹や腕に保湿代わりに塗らないようにしてください。

他にもバストアップクリームじゃないといけないというわけではないので、保湿クリームやマッサージクリームでもできるので、ご自身でお持ちの方はすぐにマッサージを始めることができます。

 

4_バストアップ食事

胸を多きくするには食事を変えるのも効果的と言われています。

バストアップにはさまざまな栄養が必要で、女性ホルモンの量にも左右されます。

実際バストアップに関係あるとされる食べ物は以下の通りです。

煮干し、牛乳などのカルシウム

大豆などのイソフラボン

人によって効果があったり、なかったりするので、ご自身に効果があるかどうか実際に食事を変えてから1ヶ月は試してください。

効果があればあとは続ければ良いだけです。

 

5_生活習慣

胸の発達には生活習慣が関係していることがあるようです。

その中でも、猫背が大きく関係しているようです。

猫背は肺の吸う量を小さくしてしまいますので、酸素量が自然と低下し、体の機能が自然と低下しているようです。

その影響が、痩せ型体質や脂肪が定着しない体になるようです。

その他にも猫背であることで胸に酸素や栄養が運ばれにくくなる他に、女性ホルモンも運ばれにくくなるので育乳するのにはまず猫背を意識的に直すことが重要になります。

 

6_育乳ブラ

これらの努力を更に効果的にするためにも育乳ブラは必要です。

毎日育乳をしていても胸の環境が整っていなかったらうまく効果が出なかったりします。

頑張って努力した結果がうまく胸に反映されるためにも育乳ブラは必須といえるかもしれません。

育乳している以上、胸が大きくなることが予想されます。

なので、胸が大きくなるたんびに育乳ブラを買い換えなくて良いようにフリーサイズの育乳ブラやサイズ展開が豊富な育乳ブラを選ぶといいです。

 

正しい育乳ブラの選び方とは!?

 


育乳ブラの正しい選び方とは!?


世の中にはたくさんの育乳ブラがありますよね。

しかし実際どの育乳ブラも良いことばかり書いていてどれが一番良いものなのかわかりません。

これが一番良いと思って買ったあとでこっちの方が良かったのではないか!?

みたいのことになったらショックですし、心置き無く育乳することができますよね。

そこで今回育乳をはじめようとしているかたがどのように育乳ブラを選んだらいいのか選び方をご紹介致します。

 

 

1_ワイヤーが入っていないもの

育乳ブラで使っていく以上、夜寝ている間も着用できるものが良いです。

夜はノーブラで胸が自由な状態になっているので、胸が横に流れたり下に垂れてクーパー靭帯を痛める原因になります。

育乳ブラにワイヤーが入っていないことで寝返りを打っても痛くないです。

 

2_伸縮性があるもの

夜寝ている間に苦しい締め付けがあると寝苦しかったり、寝付けなかったりすることがあります。

伸縮性にすぐれている育乳ブラだと、人それぜれに合わせた体型や胸の形にフィットするだけでなく、苦しい締め付けで苦しむこともありませんので、伸縮性に優れた育乳ブラを選ぶようにしましょう。

伸縮性に優れているかどうかは、生地の質などで判断することができます。

その他レビューなどで伸縮性の評価をしている人がいますので、伸縮する長さなどを参考にしてもいいです。

 

3_調整機能があること

伸縮性があるだけでも、アジャスターやホックなどで調整することができるものであれば、最後にサイズの微調整ができるので違和感や、ちょっとしたサイズ違いも修正することができるので良いです。

そして夜寝ている時は調整機能を最大限緩めることでゆったりと使うことができたり、逆に運動時など胸を揺らしたくない時はしっかりホールドできるまで締め付けるなど使用場面に応じて調整機能を使うことで育乳ブラにも多様性が出てくるのでとても良いです。

 

4_お肉を寄せられること

胸が大きくならないことの理由のひとつとして、胸にお肉が定着しないことが理由のひとつにあります。

胸の周りのお肉を胸にできる限り集められる育乳ブラが良いです。

集められるお肉の場所としては、「背中のお肉」「胸周りのお肉」「お腹のお肉」「畝のお肉」などを集められることがいいです。

お肉がたくさん集められることで、上半身がスリムになりスッキリとしたシルエットになります。

 

5_お肉を逃さないでホールドできるもの

お肉が集められるものがい良いですが、集めるだけでなくしっかりホールドして集めたお肉を逃さないでいられるものが良いです。

お肉をしっかりホールドして逃さないことで、胸にお肉の定着を期待することができます。

そして、何より集めたお肉で胸を大きく見せることがでるので、谷間を作りたい人も理想の胸を育乳ブラで一時的にでも作り出せることができます。

 

6_生地が良いもの

育乳ブラには着用感を優先して生地の耐久性に劣るものがあります。

実際に購入したのに数ヶ月しか使えなかったらショックですよね。

なるべく長く使っていけるように生地がしっかりしたものを選んで長く使えるものがいいです。

生地が良いと洗濯する際も気兼ねなく洗濯することもできますし、いつも通りの下着と同様でネットに入れて洗濯できるのが良いです。

 

7_その他

良い育乳ブラとは少し関係ないかもしれませんが、今まで紹介した良い育乳ブラの項目以外にも、サイズ展開が豊富であることやカラー展開が豊富であると、ご自身にぴったりのサイズが見つかりやすかったり、ファッショに合わせて下着を選ぶことができます。

そういったデザイン性に優れているものはセットアップなどのショーツなどもご用意していることがあるので、機能性以外にもデザイン性を優先したい人はそういったところを優先しても良いかもしれません。