育乳ブラの悪評と失敗談とは!?

育乳ブラの悪評と失敗談とは!?


育乳ブラの悪評と失敗談とは!?


育乳ブラをしっかい選んだのに自分に合っていないとなどの悪評が出る場合があるようです。

では実際に育乳を正しく選んだつもりでも失敗する内容とはどういったことなのでしょう。

ここでは育乳をしっかり選んだ後に待ち受けている落とし穴をご紹介致しますので、ご自身も失敗しないように参考にしていただければと思います。

 

1_サイズが合わない

サイズ表を見たのに実際に育乳ブラを着用したら苦しいなどのサイズが合わない場合があるようです。

この問題の原因はサイズを選ぶ際は「アンダーサイズ」「カップ数」から選ぶそうです。

しかし、そのカップ数が合っていなくてサイズが合わなかったようなことがあるようです。

ご自身のカップ数を最後にきちんと測ったのはいつか覚えていますか?

いつも使っているブラからサイズを判断している場合にこのような問題が起きているようなので、ご自身でカップ数を測って見たり、お店で簡単に測れますので、一度確かめてみるのがいいです。

 

2_洗濯できない

購入後に洗濯できない場合があるようです。

そんなことあるの!?って思いますよね。

この原因は生地があまりに繊細であるために、洗濯が手洗い限定の商品があります。

下着はもともと繊細な生地でつくられていることが多いですが、そのなかでももっと繊細な生地で作られていることがあり、その場合は手洗い限定になっていることがあります。

それらを理解しないまま購入してしまうことがありますので、洗濯方法まで確認することが良いです。

 

3_かゆい

育乳ブラのデザインや作り方によっては、体に触れてチクチクしてかゆいってことが起きるようです。

痒くなる原因として、レースが付いている育乳ブラが肌に当たると痒い、縫い方が雑であることや、縫い糸が団子になっていて、そこが体に当たって痒くなるといったことがあるようです。

その他にも通気性が悪いと蒸れて痒くなることがあるようです。

通気性が悪いと寝ている間はたくさん汗を掻くので、通気性が良いものを選んでください。

 

4_普段使えない

いかにも育乳しています!といったデザインも育乳ブラがあります。

これらは好きな彼とのデート中には育乳お休みすることになり継続できませんし、温泉や友達の前で下着になる瞬間ではとてもじゃないけど恥ずかしいです。

人前で見られることがあっても着用していれられるようなデザインの育乳を選ぶようにしましょう。

セットアップがあるものや、カラー展開が豊富育乳ブラはデザイン性が高いことが多いので、着用場面などを想像しながらでも選ぶと尚いいです。

kuma

コメントは受け付けていません。